イベント企画・生花販売・省エネ提案・福祉事業
車イス体験をしてみて知った事

昨日は介護職員初任者研修でした。
それって何なの?って方もいらっしゃいますよね
「介護職員初任者研修」は介護業界への入門資格で、
旧ヘルパー2級と同等の資格です。

そのカリキュラムの中で車イス体験をしました。
先ず感じた事・・・

目線が低い

当たり前だけど気付かなかった

車とのすれ違いでビビり
障害物の先が見えず困り
照り返しが眩しく、熱い

特に照り返しは最初は目を開けていられないくらい

改めて車イスの大変さを知りました

でも、可能性も感じました。

段差も40㎝くらいなら昇降出来るし、
砂利道も、でこぼこした路面でも
介助者がいればすいすい行けます。

バリアフリーがこんなに有り難いんだって改めて感じる事が出来ました。

でも、我流はダメですよ
僕も力で何とかしようとしたら、
腰と腕がズキッっと...

介護する方がケガや腰痛に悩まされる理由が分かった気がします。

介護職に生かしたい方は勿論ですが、
一般の方こそ受けた方が良いと思います。
だって、みんないつかは誰かの介護するんだもんね♪

KAZ企画では介護職員初任者研修を開催しています。
詳しく知りたい方はこちら